会社概要

私たちはタイとマレーシアで1999年からデジタルマーケティング事業を推進しています。

会社概要

会社名
icomm avenu (Malaysia) Sdn. Bhd.
設立
April, 1999
資本金
2,400,000 THB
代表
President / CEO : Jun Yamamori
所在地
Block C-12-08, Scott Garden, 289 Jalan Kelang Lama, 58000 Kuala Lumpur, Malaysia
連絡先
Tel: 03-7971 77266
Fax:03-7972 7716
Email : [email protected]
事業内容
CRM support
Digital marketing support
E-commerce support
Digital marketing support tools
主要取引先 (敬称略)
Canon Marketing (Malaysia) Sdn. Bhd.
Daiwa House Malaysia Sdn.Bhd.
JNTO Japan National Tourism Organization Kuala Lumpur Office
NTT DATA Malaysia Sdn. Bhd.
Panasonic Malaysia Sdn. Bhd.
The Japanese Chamber of Trade & Industry, Malaysia
The Japan Club of Kuala Lumpur


グループ会社

会社名
icomm Marketing Sdn. Bhd.
所在地
Block C-12-08, Scott Garden, 289 Jalan Kelang Lama, 58000 Kuala Lumpur, Malaysia
事業内容
オンライン及び実店舗での現地物販事業
マレーシア進出支援及びコンサルテーション事業
インバウンド支援及びコンサルテーション事業
市場調査及びイベント運営事業


会社名
icomm avenu (Thailand) Co., Ltd.
所在地
6th floor, Rajapark Building, 163 Sukhumvit 21 Klongtoey Nua, Wattana, Bangkok 10110, Thailand
事業内容
CRM support
Digital marketing support
E-commerce support
Digital marketing support tools
Webサイト


会社名
e-Agency Co., Ltd.
所在地
〒100-0006東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館4階
事業内容
データアナリティクス事業
カイゼンソリューション事業
Eコマース支援事業
プロダクトサービス事業
アジア進出・展開支援事業
Webサイト


ミッション

私たちはアジアで生まれた日系会社です。現地の人々の恩恵を受けながら成長してきた私たちは、その業務を通してその国の人々の役に立ち、その生活を豊かにできる価値を創造し続ける会社でありたいと願っています。

また、デジタルテクノロジーとクリエイティビティを持って挑戦し続け、その国の人々が私たちの会社を世界に誇れるような、革新的価値を生み出していきます。

デジタルマーケティングの領域で「アジアで最も信頼される日系会社」を目指し、アジア各国の社員一丸となって取り組んでいきます。



アクセス

代表挨拶

新卒入社した広告会社のマレーシアとシンガポール両国市場を担当する初代駐在員としての海外生活が始まったのが1991年2月のことでした。気象庁データによればその日の成田空港は氷点下、30度を超える気温差と熱風に迎えられたクアラルンプール国際空港で、新たな人生の舞台に立つ興奮を覚えました。

そして急激なアジアの成長がやってきます。

1995年にはマレーシアの国営プロバイダで初めてのインターネット接続サービスが始まります。まだ世の中にはWebサイト作成ソフトはありませんから、一時帰国時に秋葉原で購入したHTML教本を頼りに、夢中になって作ったマレーシア情報Webサイトが日経ダイヤモンド社の「世界の日本語ウェブサイト大賞」を受賞、一気にデジタルの世界にのめり込んでいきました。

しかし、アジアの経済成長も順風満帆ではありませんでした。

1997年にタイバーツの急落から始まったアジア通貨危機で市場は一気に冷え込みます。タイ、インドネシア、韓国はIMF管理下となり、日本市場でも長く続いた金融不安の遠因となりました。

それでもしばらくするとアジアの地熱は凍土を溶かし、また新たな成長の芽が伸びてきたのです。

アジアにおけるインターネットの普及、デジタルマーケティングの成長を予感して1999年に広告会社を退社、デジタルマーケティング事業を営む現地会社を起業設立します。

ところが、2000年代に入ってもアジアのデジタル化は一向に進みませんでした。日系企業の現地法人も新たな領域への挑戦には慎重で、設立したばかりの日系ITベンチャーではなかなか仕事がもらえません。外資企業であるため、地場の銀行からの融資も受けられず、業績の苦しい1年1年を積み重ねていきました。

それでも弊社が今日まで存続し、多くの企業顧客様からご信頼をいただけるようになったのは、アジアとデジタルの成長への信念があったからだと思います。

そしてアジアはまだまだこれからです。

「保護主義の高まりや急速に進む高齢化、生産性の伸びの鈍化に対して広がる懸念をよそに、アジア地域は力強い経済成長を達成し続ける」とIMFの最新の地域分析は予想しています。まさに、アジアのダイナミックな経済が今や世界成長のけん引役となっているのです。

アジアとデジタルの成長と共に邁進する弊社の今後にも是非ご期待ください。


山森 淳

社長兼CEO

ICAグループ沿革

1999年4月
マレーシア・クアラルンプールを拠点にデジタルマーケティング事業開始。オンライン予約サイト ”AVENU (Asia Versatile Menu)” マレーシア版開設。
2001年4月
タイ・バンコクにICAタイランド設立。デジタルマーケティング事業開始。オンライン予約サイト ”AVENU (Asia Versatile Menu)” タイ版開設。
2002年10月
FUJIFILM Malaysia 向けフォトテンプレートソフト開発により、ソフトウェア事業開始。
2004年1月
タイ三井物産、タイ通信会社最大手AIS社とデジタルメディア事業協議開始。
2004年7月
CD-ROMマガジン ”E-Zone” 創刊。デジタルメディア事業開始。
(主な広告主)
AP Honda, TOSHIBA Thailand, NISSIN FOODS Thailand, Canon Marketing Thailand, Samsung Thailand, NOKIA Thailand, Motorola Thailand, L'Oreal Thailand, Sony Ericsson Thailand
2007年5月
AEONクレジットタイランド会員向け月刊ライフスタイルマガジン(CD/VCD版) “CLICK” を発行開始。
2008年1月
「見える検索エンジン」Mars Flag社(本社:東京)と業務提携。アジア共同展開を開始。
2009年6月
Canon Marketing Thailand, Sony Thailand, Panasonic Thailand, Samsung Thailand, KODAK Thailand各社協賛にてデジタルイメージングポータルサイト ”RAKKLONG.COM” を開設。
2009年7月
タイ国内大学のネットワーク “University Digital Imaging Association” (U-DIA) を創設。タイで初めて大学マーケティング事業開始。
2010年4月
ローソン、アサツーDK、NTTdocomoによる日本におけるデジタルサイネージ事業へのコンテンツ供給事業開始。
2010年12月
タイ全国の大学へ発行する “Youcanpass” マガジン創刊。
2011年1月
デジタルマーケティング会社e-Agency(本社:東京)と業務提携。ASEAN地域共同展開を開始。
2012年5月
WEBソリューション会社ORO(本社:東京)と業務提携。タイ、マレーシア市場共同開発を開始。
2014年9月
CRM支援事業を開始。
2016年10月
日本政府クールジャパンプロジェクトとして凸版印刷本社とISETANクアラルンプールと共同で “The Japan Store KL” にフォトセレクトショップを開店しO2O実証実験を開始。本事業を始めとした販売事業運営会社としてICOMM Marketing社をマレーシアに設立。
2016年12月
e-Agency社と資本業務提携。
2017年4月
NTT DATA Malaysia社と業務提携。
2018年1月
ベトナム、ミャンマーでのデジタルマーケティング支援事業を開始。